FC2ブログ

誓約書の保証人

誓約書というのがあった。
毎年、2年毎に更新するのだが保証人の署名がその都度必要だった。
その度に印鑑証明付きの実印を含め父に保証人のお願いをした。
あるとき父から「お前は会社から信用されていないんだなぁ。」といわれ、愕然とした。

信頼はしている。されど検証はする。

経営者にしてみれば社員が会社に弓を引くようなことは通常しないことは分かっているのでしょうが小さなアリの穴から堤防が決壊するように会社、社員そして、社員の家族や会社が貢献している社会的責任をその検証を怠ったがためになし崩しすることは代表者としてしてはならないので厳しい要求をしているのでしょう。
若い時、悪意はないのだろうけど親にこう言われたので保証人を変えようかと他を当たってみようとした。
けれどもそんなことをすると自分が信用されていないことを多くの人に宣伝することになってしまうと気がついたのでやめた。
やけくそになって、俺様を雇った社長に「私のことを信頼しているか」と聞いて信頼しているという言質を取った後、「それでは誓約書の保証人になってください。」と頼んでみようかとも思った。
また、同僚と結託してみんなで順繰り保証人になろうかとも画策した。

・・・結局、親に信頼されていないと疑われていることを聞き入れてもらい、誓約書の「自動更新」という方法にしてもらった。
それでも誓約書の数は増えていった。入社時の制約、就業規則を守ること、情報セキュリティに関する誓約、退職後競合他社に就職、役員になることの禁止・・・

ところで某隣国で外交官になる者は裏切り・亡命させないため、子供を母国に人質として取られ、9人の連帯保証人を立てることが忠誠の証しだそうです。
もし国を裏切ると九族根絶やしにされるそうです。



スポンサーサイト



コメント

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ポントゾー命

Author:ポントゾー命
太ってきた。Yaffoさんに誘われて四半世紀ぶりに踊り始めて早2年。最初はハンボで目を回し、ショプスコ・ホロ1曲踊っただけで顎が出る始末。挫けず踊り続けてパーティーデビュー。でも踊りから遠ざかっていたので知らない曲が多すぎる。そんな矢先に蒲田フォークダンスサークルに拾われた。新曲や昔ながらの踊りを教わり少しは勘を取り戻してきた。楽しみながらのダイエット。このブログは管理人が体重の管理や折々の例会、パーティなどの活動を日記代わりに紹介し、記録するためのものです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR