FC2ブログ

Dansul Fetelor De La Crihalma

ちょっと愚痴っぽくなります。
軽く本心を言いますが、他愛もないので適当に流してください。

ダンスル フェテロール デ ラ クリハルマと読みます。
以前紹介したポス ト トリブゥム ト ピペリと同様読み方が難しく、1回ではなかなか覚えられません。
それても覚えられたのは何回も何回も踊ったからなんだと思います。

これは40年ほど前にサニーさんが講習したトランシルバニアの踊りで、女性が男性のかっこいい踊りをまねて踊っているものだそうです。とはいえ女性らしい雰囲気が出ています。
その後ミハイ・アレクサンドル ダビットさんが35年ほど前にやはり女性のCrihalmaという踊りを2つほど広めてくれました。
どちらも時折学生のパーティーやチェーンダンス系のパーティー・例会で細々と踊られていました。

つい、先日のパーティーでDansul Fetelor De La Crihalmaを踊りました。
ところが音楽はミハイさんの紹介した「ROMANIA ROMANIA」というレコードに入っているCrihalmaで、踊りはほぼサニーさんのDansul Fetelor De La Crihalmaでした。
音楽がかかったときつい、バインからスタートしそうになりましたが他の方たちはステップクリック。
混乱してしまいました。
どうやら今年誰かが講習したようです。コーラーさんは既に日本では踊られていたのは知ってるのかなぁ。

俺様なんかはこの踊り、結構好きで欠かさず踊るようにしていたのですが、一寸寂しくなってしまいました。
回数とスタイリングが変わっていましたが、幸いにも過去に教わった踊りとシークエンスは同じでした。
古くから踊っていて曲名を聞いて知っていると思ってサークルに入っても違う踊りだとがっかりしてしまいます。
紹介者や、取り入れて企画する人はそういうつもりではないのでしょうが・・・

パーティーでかかるMîindreleやTrei Pâzeşte De La Goice Mareも以前と変わってしまいました。
踊りを紹介する人、新曲を取り入れようと企画する人はこれまでのいきさつやすでに踊られているかを調査しているのでしょうかね。
昔はそういうのを考慮して曲に番号や、講習者の名前を付記していましたが、紹介者・企画者の踊りが元祖、本家なんでしょうね。
そうして、「君の踊り違うよ。」と否定され、指導していただくことになるのでしょうね。
踊り方は一つだけではないのは判っています。楽しく踊りたいなぁと思っていてもまるで古い人はこのサークルに入ってくるなと言われているような気がして僻んでしまいます。
最近多い。


スポンサーサイト



コメント

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ポントゾー命

Author:ポントゾー命
太ってきた。Yaffoさんに誘われて四半世紀ぶりに踊り始めて早2年。最初はハンボで目を回し、ショプスコ・ホロ1曲踊っただけで顎が出る始末。挫けず踊り続けてパーティーデビュー。でも踊りから遠ざかっていたので知らない曲が多すぎる。そんな矢先に蒲田フォークダンスサークルに拾われた。新曲や昔ながらの踊りを教わり少しは勘を取り戻してきた。楽しみながらのダイエット。このブログは管理人が体重の管理や折々の例会、パーティなどの活動を日記代わりに紹介し、記録するためのものです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR