FC2ブログ

(仮題) 正義と企業責任 2

昨年、米国のマイクロソフト社がwindows 10を発表。セキュリティ機能が向上し、しかも2016年7月まで無償でアップグレードしてくれるとのこと。
当時は「ふ~ん。」で終わっていました。
年明け頃から毎日パソコンを立ち上げると頻繁にアップグレードを勧める画面が

2016-04-06.png

現状使用しているOSで不満はないのでこのまま使い続けたいと考え、通知欄右上の「☓」印をクリックし、通知を消すことでアップグレードをキャンセルしたと思い込んでしまいました。

2016-04-wu.png

でもいつのまにか次の画面内容になり、これだけでは予定はキャンセルされなくなっていました。

こうしたポップアップ画面には普通「OK」と「キャンセル」ボタンが表示されるものですが、このときのポップアップメッセージには「今すぐアップグレード」と「今夜アップグレード」という2つのボタンしかなく、どちらをクリックしてもアップグレードが実行されるようになっていました。キャンセルボタンが見当たりません。何としてもアップグレードを阻止したければ、右上の角にある赤い「×」印をクリックし、このウインドウを閉じて、なかったことに或いはこのポップアップを無視すればよいと考えました。
その後、Microsoftはこのポップアップ内容をわかりづらくに変更をしてために最早右上の「×」ボタンをクリックしただけでは、アップグレードは阻止できないようにしてきました。



そしてちょっと目を離した隙にアップグレードされてしまいました。

20150730_o0306.png
呆然と見ているだけ。

20150730_o0307.png
頼んでもいないのに・・・腹が立ってきた。

ポップアップ内容をわかりづらくに変更した画面はまるで踊っていなかった頃、休日に楽しんでいたファミコン「MOTHER」を彷彿とさせるものでした。

話は逸れますがコピーライターの糸井重里さんが監修した「MOTHER」は1989年に発売され、あのドラゴンクエストに並ぶ名作であり、地球侵略を企むラスボス:宇宙人ギーグを撃退するバトルシーンです。戦わずに『うたう』ことでラスボスに対処する展開でした。見てわかるようにコマンド『うたう』はゲームの進行中99%画面に出てこず最後の最後にこの画面の戦いでしか出現しないため、初めのうちはいつの間にか『うたう』が選択可能になっていることに気づかず、普通に戦いを挑んでいつも全滅し、目に涙を浮かべながらやったものでした。

mo001.jpg
通常のコマンド

mo019.jpg
最後の決戦で表示されるコマンド。通常コマンドに慣れてしまい『うたう』に気づかない。

Microsoftは、卑劣なことをするつもりはないと釈明しています。同社は「ユーザーには少なくとも2回通知した上で、Windows 10をアクティベートしている」と説明。
無料だからみんな喜ぶに違いない。偉いでしょう。
自分の都合だけしか考えずユーザーの意向は無視。
誰かさんみたいに判断基準が世間とかけ離れている。

対応していないソフトが入っていからアップデートしてないこともあるでしょうし、慣れ親しんでいるから変更しないこともあるでしょう。
これでパソコンが壊れたり、ソフトが使えなくなったり、作業中のデータが消えてしまったらMicrosoftはどうするのでしょう?

・・・過去の事件が蘇りました。
いずれも米国の企業。




アップグレードするかしないか選択権はユーザーにあるはずです。

スポンサーサイト



コメント

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ポントゾー命

Author:ポントゾー命
太ってきた。Yaffoさんに誘われて四半世紀ぶりに踊り始めて早2年。最初はハンボで目を回し、ショプスコ・ホロ1曲踊っただけで顎が出る始末。挫けず踊り続けてパーティーデビュー。でも踊りから遠ざかっていたので知らない曲が多すぎる。そんな矢先に蒲田フォークダンスサークルに拾われた。新曲や昔ながらの踊りを教わり少しは勘を取り戻してきた。楽しみながらのダイエット。このブログは管理人が体重の管理や折々の例会、パーティなどの活動を日記代わりに紹介し、記録するためのものです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR