年齢と付き合う50の方法 1

政界や現在のフォークダンス界では「50、60は鼻たれ小僧」というくらい年齢層が上がっています。
踊りから遠ざかっていたころはまだまだ年齢の意識はなかったのですが、太りだしたため運動代わりに再び踊り始めたら以前のように踊れなくなっていました。
愕然とし、その現実を受け入れるのに時間がかかりました。

若いころ今の自分の年齢ぐらいの上司が俺様に「年をとったら記憶力が鈍るぞ!」なんて言われ、「だったら若い人の2倍も3倍も努力して覚えればいいじゃないですか!」と言い返していたものの、今自分がその年齢になり、ちょっぴり上司の気持ちもわかるような・・

体力がなくなると知力が落ち、知力が落ちると気力が失せてきます。

継続には無理せず自分の年齢と相談して楽しむことが必要なのでしょう。
きっと50の方法があるはずです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ポントゾー命

Author:ポントゾー命
太ってきた。Yaffoさんに誘われて四半世紀ぶりに踊り始めて早2年。最初はハンボで目を回し、ショプスコ・ホロ1曲踊っただけで顎が出る始末。挫けず踊り続けてパーティーデビュー。でも踊りから遠ざかっていたので知らない曲が多すぎる。そんな矢先に蒲田フォークダンスサークルに拾われた。新曲や昔ながらの踊りを教わり少しは勘を取り戻してきた。楽しみながらのダイエット。このブログは管理人が体重の管理や折々の例会、パーティなどの活動を日記代わりに紹介し、記録するためのものです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR