FC2ブログ

横文字の曲名

近頃ニュースを見ていると聞きなれない外来語が頻繁に出てきます。

ロックダウン、オーバーシュート、パンデミック、クラスター・・・

辞書で調べてもブドウの房とかしか出てこないし、ロックダウンとロックアウトどうちがうんだぁ?


勤務先の社長は我々技術部門の社員に日頃からこういっていました。(ちょっと差別用語が含まれます)

本当に伝えたいなら女子供にでもわかるような言葉で伝えるべきだ。

やたら専門用語や横文字を使うのは自分が内容を理解できてなくてそれをごまかすための常套手段。
勤めていた会社は小さな同族会社だったのである日社長のご子息が入社。
俺様より一回り以上若い。
ところが1年も経たぬうちに常務取締役。多分本人もつらかったと思いますが未知の新しい世界に入って自分よりも専門家が多く、年上の社員の中で対等に或いはリーダーシップを取らなければならないのであたかも知っているかのように専門用語というより英語をやたら連発して説明していました。そのため俺様のような英語のできない年配の社員は何を言ってるのか理解ができずそこをご子息が付け入り優位に立つことができました。
ただし、その場だけ。
ところが背伸びをし過ぎていたので段々浮き上がってしまい、父上である社長と喧嘩になる始末。また自分の言うことを聞かない社員はどんどん粛清されていきました。
社長はこれではいかんということで残念ながら苦渋の決断でご子息を解任してしまいました。
会社を去ったご子息はその後会社を立ち上げたようですがホームページを見ると相変わらず難解な内容です。
一部採用情報をお見せします。

20300324.jpg


半分以上カタカナか英語。
仕事内容の説明かと思いますが、俺様のような爺ぃには何のことかさっぱりわかりません。

会議の時気づいたのですがそういう背伸びする奴に限ってシミュレーションをシュミレーションとか言ったりします。クスッ

さて前置きがすごく長くなりましたが、フォークダンス界も最近横文字が増えてきました。というより適切な翻訳をする人がいないようです。たまに「羊飼いのマズルカ」など粋なタイトルもありますが。
台湾ではちゃんと翻訳しているのに・・・
例えばアダマベシャマイムは「天與地」フロリチカオルテニアスカは「歐答尼亞之旅 」ネオポリタンタランティラは「拿波里手鼓舞 」というふうに曲解せず自国語の題を付けています。
曲名の意味が分かれば踊りに対する姿勢も変わってくると思いますが・・・
スポンサーサイト



コメント

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ポントゾー命

Author:ポントゾー命
太ってきた。Yaffoさんに誘われて四半世紀ぶりに踊り始めて早2年。最初はハンボで目を回し、ショプスコ・ホロ1曲踊っただけで顎が出る始末。挫けず踊り続けてパーティーデビュー。でも踊りから遠ざかっていたので知らない曲が多すぎる。そんな矢先に蒲田フォークダンスサークルに拾われた。新曲や昔ながらの踊りを教わり少しは勘を取り戻してきた。楽しみながらのダイエット。このブログは管理人が体重の管理や折々の例会、パーティなどの活動を日記代わりに紹介し、記録するためのものです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR