FC2ブログ

所属

俺様はご存知の通りまごうことなく蒲田FDCの会員なのでパーティーに行くと「蒲田FDC」で受付をお願いします。
いろんな踊りをたくさん踊れるようになりたいから手を広げて他のサークルにも顔を出して会員になっていたのがいちかめ(現結)、オープンサークルではないのですがとあ~るとストレダ、会員制ではないのですがばか者の集い。これらは定期的に参加しています。つまりこれだけのサークル、集いに参加していてもパーティーでは俺様は蒲田に所属していることになっています。
俺様に限らずフォークダンサーは会員、非会員に係わらず複数の例会に参加し、会員になっている人が多いと思います。
蒲田FDCはここでだけでしか踊っていないという人はいません。

たまに会に馴染まない困ったちゃんが入会することがあります。
最初は熱心にやっているのですが他のサークルにも行っているので、休むようになったり、踊りが違うとか始まったり、コール中におしゃべりが始まったり会の雰囲気を無視して勝手にやり始める人がいます。
そして終いには他に通っているサークルが良いのでそのサークルをやめたいと言い出したり、それっきり例会に来なくなることもあります。

つまり辞められるということはそのサークルに対して嫌になってきた(例えば気に入らない人がいる、踊りがつまらん、会費が高いなど)、欠点が見えてきたからでしょう。それが他のサークルとかに言いふらされるとそのサークルの評判が悪くなってしまいます。

会を運営しているほうはこんなに会員のために尽くしているのに辞めるなんて恩知らず。そういう人は会員として不適格だから辞めてもらいます。とすればサークルが悪いというよりも辞める人がわがまま、身勝手とすればサークルに傷はつきません。
辞められたより辞めさせたのほうがサークルの対面は保てます。
後味が良くないケンカ別れ。
こういう問題を回避するにはサークルの同僚、先輩たちとよく相談をすることが大切だと思います。
それ以前にサークルは踊りだけ場と決めつけず一つの社会であることを認めて家族のようにコミュニケーションを密接にとることが大切だと思います。
蒲田FDCは毎週例会の後で打ち上げがあります。

まるで会社勤めをしているみたい。
それなら会社勤めのようにサークルで名刺を作ってしまうのも手かなあ。
サークルの看板を背負って踊るのも悪くないかも。

スポンサーサイト



コメント

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ポントゾー命

Author:ポントゾー命
太ってきた。Yaffoさんに誘われて四半世紀ぶりに踊り始めて早2年。最初はハンボで目を回し、ショプスコ・ホロ1曲踊っただけで顎が出る始末。挫けず踊り続けてパーティーデビュー。でも踊りから遠ざかっていたので知らない曲が多すぎる。そんな矢先に蒲田フォークダンスサークルに拾われた。新曲や昔ながらの踊りを教わり少しは勘を取り戻してきた。楽しみながらのダイエット。このブログは管理人が体重の管理や折々の例会、パーティなどの活動を日記代わりに紹介し、記録するためのものです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR