FC2ブログ

手当考 2 (住宅手当) のおまけ

ドン ドン ドン ドン ❕
ドン ドン ドン ドン ❕
ドン ドン ドン ドン ❕

夜中の3時。

扉を叩く音で夢の世界から引き摺り出され眠い目をこすり玄関へ。
お隣さんのフィリピーナがすごい顔して騒いでいる。
助けて! 開けて! 子供寝てる。 アイロンついている。
大体何を言わんとしているか分かった。
どうやら子供の寝ているそばでアイロンをつけっ放しで外出というかお仕事へ。
途中で気が付いてアパートに戻ったものの鍵がない。
そこで隣の家である俺様の家に助けを求めるため夜中の3時に玄関を叩いたわけだ。
バルコニーを伝って隣へ行き窓を破って玄関を開けてほしい。早くしろということらしい。
一緒に目を覚ましたカミさんは落ち着いていて「警察呼べば?」
隣のフィリピーナはもう気が動転していて兎に角窓を破って玄関を開けろの一点張り。
しょうがないので「窓を割って侵入しろといったのはあなたですからね!」と念を押し、バルコニーを伝って隣へ。
ご存知の通りとなりとはプライバシーを守るためバルコニーの間に仕切りがあります。
そのためバルコニーの手すりに登り仕切りにつかまり「えい!」と乗り越え隣に行きました。
俺様の家は602号室。
そして、お隣さんのエアコンの送風機を乗せているブロックを外し窓に向け思いっきりぶつけました。
勿論ガラスが破れ、鍵を外して中に入り玄関のカギを開けて差し上げました。


警察と消防の方が俺様をお出迎えしてくれました。

既に警察に連絡していたみたい。
思わず手を挙げて泥棒ではありません。隣に住んでいます。こちらの方に言われてバルコニー伝って窓を割って侵入し、鍵を開けました。と素早く説明。
一応状況を理解してもらい事情聴取など厄介なことは免れました。
消防士さん曰く「あんた、よく隣に行けたねぇ」


翌日。
膝がガクぶる。
ここ6階だった。バルコニーから下を覗くと地面ははるか下。
足を踏み外したらどうするのなどカミさん執拗に攻められ大反省。
お隣さんは堅気ではなく、足立区でフィリピンパブを数軒経営している方。
しかし流石に本件は迷惑をかけたということを自覚していて菓子折りを持ってお詫びとお礼に来ました。
堅気でないとはいえ子供に対する愛情は我が家と変わりないんだなぁと思いました。
それまでエレベーターで目が合っても挨拶しなかったおっさんがちゃんと挨拶するようになりました。

話が大分逸れましたが住宅手当を利用して住んでいたアパートでの思い出です。



これまた長い文になってしまいすみません。 
スポンサーサイト

コメント

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ポントゾー命

Author:ポントゾー命
太ってきた。Yaffoさんに誘われて四半世紀ぶりに踊り始めて早2年。最初はハンボで目を回し、ショプスコ・ホロ1曲踊っただけで顎が出る始末。挫けず踊り続けてパーティーデビュー。でも踊りから遠ざかっていたので知らない曲が多すぎる。そんな矢先に蒲田フォークダンスサークルに拾われた。新曲や昔ながらの踊りを教わり少しは勘を取り戻してきた。楽しみながらのダイエット。このブログは管理人が体重の管理や折々の例会、パーティなどの活動を日記代わりに紹介し、記録するためのものです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR