FC2ブログ

ミニプロ-21

久しぶりの更新になりました。

今回引き当てたのは・・
A大、M女大
1980年創立パーティー詳細は不明。
A大が創立24周年、M女が創立21周年。
こんな内容でした。

Intro
クマッハ
ターキッシュ ホラ
デブカ デブカ
サラマ
ラドミルスコ ホロ
フロリチカ オルテニアスカ
セルビアンメドレー #1

Part 1
春駒
浜おけさ
八木節
秋田音頭
大漁唄い込み
祖谷の粉引き節
Freetime
タミー
テネシー ワルツ

Part 2
チロルのレントラー
バイリッシュ レンドラー
シシリアン タランティラ
シシリアン マズルカ
リッペンティシュ チャルダーシュ
クヤビヤク (オド ヴォツアフカ)
ダール ダンス
Freetime
フィーリン
忘れじの感傷

Part 3
ゴニツァ
オパス
プレベンスコ ダイチョボ
ギュゼブスカ ラツェニッツァ
ドブルジャンスカ レカ
プレテニッツァ
ヨベ マライ モメ
Freetime
ラ クンパルシータ
悲しき雨音

Part 4
式典
Freetime
エイトサム リール
レッド ハウス

Part 5
モサイコ  メキシカーノ
キャバリート ブランコ
コリード
エバンヘリーナ
エル ハラベ タパティオ
エル ハラベ パテーニョ
サンタ リタ
Freetime
スノーバード
見つめ合う恋

Part 6
ヤブロチコ
ロシアン ペザント ダンス
ラトビアン ペザントダンス
ホパック
ポーリャンカ
カマリンスカヤ
オルロフスカヤ
Freetime
ラブ イズ ブルー
ラスト ワルツ

Part 7
アリパシャ
レック ラミッド バー
コニャリ
イカリオティコス
ホレホロンスキー チャルダッシュ
タタロチカ
プレスカバック コロ
エキズリスコ ホロ
マケドンスコ デヴォイチェ
ハーモニカ

CIMG5296b.jpg

CIMG5299.jpg

CIMG5301.jpg

CIMG5305.jpg

CIMG5307.jpg


こちらはこだわりがあり、創立パーティーでは必ず日民を入れてました。
ふーん、フリータイムはラウンドダンスで固めてたんだ。
今気づきました。
もうすでに「忘れじの感傷」をプログラムに入れていたんだ。

パート2にある「バイリッシュレンドラー」誰か覚えている人がいたら教えてください。
すっかり忘れてしまいました。
スポンサーサイト



速いフォークダンス曲

カマリンスカヤ

オプ サッサ

ブリウル ペ オプト~シャセ

速いフォークダンス曲というのは踊りが速いのではなく音楽が速くて踊りがついていけないという意味です。
もう、随分踊りを覚えいろんな曲を踊っていますが上記3曲は踊っていて違和感があります。
中には掛け声が入っているのもありますがその声もずいぶん上ずって聞こえます。

現地でこんな速い音楽で踊っているとは思えません。
じゃあなんで速い音楽が存在するのか考えてみました。
そこでたどり着いたのが関東と関西の違い。
具体的には関東の電気の仕様は100ボルト50ヘルツ。
関西は100ボルト60ヘルツの交流の電気が使用されています。
レコートプレイヤーやカセットデッキのモーターは関東と関西では回転速度が異なる様です。
音源を入手し、関西でダビングしたものを関東のカセットデッキなどで再生すると早くなることがあります。
(現在ではスイッチ一つで調整でき関東関西どちらでも使えるようです)
逆に関東でダビングしたものを関西のカセットデッキで再生すると遅くなることがあります。
You Tubeで公開されている某九州の大学生さんの文化祭のデモで踊られているカロチャイウグローシュやドボルジャンスコレカは後者のプロセスを踏んだ音源のような気がします。
音楽の速さが違うと踊るスタイルや曲名も微妙に変わってくるのかもしれません。
ご参考

カロチャイ ウグローシュ

ドボルジャンスコレカ

若いころはこれらの音源で競って踊りましたが現在では80%の速さでも早く感じます。

ごきぶり TAKE 2

前回と全く同じ内容ですが倅の協力を得てアレンジしました。
お楽しみください。

現在はどうか分かりませんが、俺様が生まれたところはごきぶりがいません。またカブトムシやカマキリも見たことがありませんでした。
こちらでの初めての生活は千葉県八千代市でした。フォークダンス部に入部して先輩たちにいじめぬかれ・・・・基い、指導されていましたが最初の頃は学業も楽だったので時給380円のセブンイレブンでバイトをしていました。夜中にバイトを終え、並木道を歩いていると、地面にごろごろカブトムシやクワガタ、コガネムシに玉虫、ハンミョウ、そしてカマキリと見たこともない昆虫が沢山転がっていましした。
まだ子供だったので珍しいことも手伝い拾って帰りました。
そして虫かごに入れてしばらく育てていました。

余談ですがこのセブンイレブンではカブトムシを仕入れて1匹800円で販売していました。
その辺に転がっているのに・・・
驚いたことにこれを買う人が結構いました。


当時は貧しかったのでエアコンも風呂も水洗トイレもなく網戸だけはあったので窓を開けっぱなしにして夏は学校に行ったりパチンコ屋に行ったりバイトをしたりしていました。

内地の生活にも慣れてきたある夏の夜おそく。
バイトから帰宅すると薄暗がりの台所の壁に5センチほどの赤茶色い妙なシミがありました。
CIMG4514dark.jpg


裸電球をパチンとつけるとこんな感じのしみが
CIMG4515.jpg


「なんだ、こりゃと近づいて観察しようとしたら
CIMG4516.jpg


サッ、サッ、サッ っと赤茶色のしみが動いたではありませんか
CIMG4517.jpg
よ~く見るとこれが噂のごきぶりでした。 絶叫

「う、うわぁぁぁぁぁぁぁ

CIMG4502.jpg
腰を抜かしてしまいました。



これがごきぶりとの出会いです。
その後天敵(当時先輩でクラブの主将さん)に歩く寄生虫、ごきぶりという不本意なあだ名を頂戴しました。
もう40年以上前の話です。

倅のフィギュアのコレクションを借りて作成しました。


同じ話を2回も読んでいただきましてありがとうございました。

ごきぶり TAKE 1

現在はどうか分かりませんが、俺様が生まれたところはごきぶりがいません。またカブトムシやカマキリも見たことがありませんでした。
こちらでの初めての生活は千葉県八千代市でした。フォークダンス部に入部して先輩たちにいじめぬかれ・・・・基い、指導されていましたが最初の頃は学業も楽だったので時給380円のセブンイレブンでバイトをしていました。夜中にバイトを終え、並木道を歩いていると、地面にごろごろカブトムシやクワガタ、コガネムシに玉虫、ハンミョウ、そしてカマキリと見たこともない昆虫が沢山転がっていましした。
まだ子供だったので珍しいことも手伝い拾って帰りました。
そして虫かごに入れてしばらく育てていました。

余談ですがこのセブンイレブンではカブトムシを仕入れて1匹800円で販売していました。
その辺に転がっているのに・・・
驚いたことにこれを買う人が結構いました。


当時は貧しかったのでエアコンも風呂も水洗トイレもなく網戸だけはあったので窓を開けっぱなしにして夏は学校に行ったりパチンコ屋に行ったりバイトをしたりしていました。

内地の生活にも慣れてきたある夏の夜おそく。
バイトから帰宅すると薄暗がりの台所の壁に5センチほどの黒い妙なシミがありました。
CIMG4511dark.jpg

裸電球をパチンとつけるとこんな感じのしみが
CIMG4512-2019.jpg

「なんだ、こりゃと近づいて観察しようとしたら
サッ、サッ、サッ っと黒いしみが動いたではありませんか
CIMG4513.jpg
よ~く見るとこれが噂のごきぶりでした。 絶叫

「う、うわぁぁぁぁぁぁぁ
pose_koshi_nukeru_kowai_man.png
腰を抜かしてしまいました。




これがごきぶりとの出会いです。
その後天敵(当時先輩でクラブの主将さん)に歩く寄生虫、ごきぶりという不本意なあだ名を頂戴しました。

写真のごきぶり役の黒いものはUSBフラッシュメモリーです。
ご心配なく❕


明日、同じ内容でTAKE 2アップします。

Brîul Pe Opt/Brâul Pe Opt

ルーマニア南部オルテニア地方の踊りです。
表記方法は以前はBrîul Pe Optでしたが現在はBrâul Pe Optという表記が主流です。
以前説明していますがチャウセスク政権が打倒され民主化されたときから変更されたそうです。

さて、この踊りは俺様は3つ知っています。

1つめはFolk Art #1に入っている踊りで左足のホップステップステップ繰り返しから始まります。
サニーさんが77年頃講習された踊り方です。

2つめは先日結(旧いちかめ)で講習されたホップクロスから始まる踊り方です。ジプシーキャンプ Vol.2に入っています。
ミハイダビットさんが79年頃講習した踊方です。

3つ目は現在主流で86年頃テオドールさんによるものでTポジションで踊られます。

そこで当時は順に#1, #2, #3と番号を振って踊り分けていました。
現在は結構混乱の元です。
ちなみにFolk Art #5に入っているBrîul Pe Opt~Şaseという曲はものすごいスビートの曲でスクワットダウンが入っています。
60過ぎたら踊れません。

いずれのブルゥルペオプトも真面目に踊り切った後は左足が攣りそうなほど疲れ、翌日筋肉痛という悩みの種になる曲です。



FC2カウンター
プロフィール

ポントゾー命

Author:ポントゾー命
太ってきた。Yaffoさんに誘われて四半世紀ぶりに踊り始めて早2年。最初はハンボで目を回し、ショプスコ・ホロ1曲踊っただけで顎が出る始末。挫けず踊り続けてパーティーデビュー。でも踊りから遠ざかっていたので知らない曲が多すぎる。そんな矢先に蒲田フォークダンスサークルに拾われた。新曲や昔ながらの踊りを教わり少しは勘を取り戻してきた。楽しみながらのダイエット。このブログは管理人が体重の管理や折々の例会、パーティなどの活動を日記代わりに紹介し、記録するためのものです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR