FC2ブログ

ファミコン 3

そして晴れて結婚。
おっとそれまでにファイナルファンタジーI, II, IIIをクリア。
新婚時代はドラゴンクエストIIIに取り掛かった。
結婚初めての正月は寝正月。
明けても暮れても寝転がってファミコンと勝負。
ずっと睨めっこしてたのでしまいにゃ
「私とファミコンどっちが大事なのよ?」
「ファミコンに決まってんだろが !?」
(あっ、まずい!)と思ったがもう遅い。
何とかクリアした後しばらくファミコンはお預けに自ら課し、押入れの隅に収められた。
ホントは勇者がレベル99になったらどうなるんだろうか確かめたかったけれど。
ハグレメタル
レベル99にするにはこれを100回以上倒し、「しあわせのくつ」を3足はゲットしなければならない。


やがて長男が生まれファミコンのことは忘れる努力をしていた。というのも赤ちゃんというのはボタンが大好き。エアコンやテレビのリモコンについているボタンを意味もなく推すのは朝飯前。お父様が一生懸命ドラクエ IIIをやっているときにファミコンのリセットボタンを押しやがった。赤ちゃんに罪はない。怒ることもできず、お父様は目に涙を浮かべ、そして虚しくなりもうファミコンをする気力が一気に失せてしまった。
ところが舌の根も乾かぬうちにドラクエIVが発売された。
俺様は仕事があるので店にならんで買うことはできず沈んでいた。
ところが先輩である天敵はコネがあり俺様の分まで確保してくれていた。
復活の呪文。
再びファミコンと睨めっこ。
カミさんはもう何も言わなくなった。

楽勝でクリアしたあと糸井重里さんの「MOTHER」も無事クリアしてファミコンは押入れの隅に再び追いやられた。
スーパーファミコンの時代になったからだ。
既に踊りから遠ざかり、それからはかなりの仕事人間になってしまった。(仕事自体が壮大なRPGみたいだった。)


つづく
スポンサーサイト



ファミコン 2

ちょっと身の上話で黒歴史の部分を。
長い話になりますがけっして自慢話ではありません。
最近機会があってファイナルファンタジーVというファミコンゲームのオープニングの曲を聞きました。
若かりしころの想い出が蘇ってきました。

結婚間際の独身最期のゴールデンウイーク。
俺様も我慢に我慢を重ねてついにファミコンを買った。
灰皿をきれいにしてセブンスター2箱、コーラを2ℓ、多分熱中するだろうから飯を作る時間も勿体ない。マクドナルドで玉ねぎの入っていないてりやきバーガーを5~6個、ポテトをいっぱい買い込んで万全の態勢でドラクエIを開始。
全員と会話して、宝箱全部開けてなんと18時間でクリア。
その間吸った煙草は4本。コーラをちょこっと飲んだだけで殆ど食べてなかった。
これだけ集中して勉強すれば司法試験も受かるかもしれない。
竜王を倒した時の感激は今でも忘れない。
そのままドラクエIIへ

これは厳しかった。
ゴールデンウイークも終わってしまい、会社から帰宅するとおつきあいもそこそこにすぐファミコンと勝負。
最後まで解らなかったのはネクロゴンドからハーゴンの城へ行く方法が解らなかった。
ズルをして姉弟に電話した。
「邪神の像を掲げよ!」
姉弟が神に見えた。

「メガンテ!」
デビルロードが名前の通り悪魔に見えた。
デビルロード


つづく

ファミコン 1

ちょっと身の上話で黒歴史の部分を。
長い話になりますがけっして自慢話ではありません。
最近機会があってファイナルファンタジーVというファミコンゲームのオープニングの曲を聞きました。
若かりしころの想い出が蘇ってきました。


結婚する1年前家族で最期の正月を迎えるべく冬の札幌へ。
とはいうものの実家では夜はすることもなくぶらぶら。
とそこに俺様の姉弟が仕事納めで帰ってきた。
これから正月休みということで退屈しないようになんとファミコンを買って過ごすことにしたらしい。

ドラゴンクエスト I

俺様「いい年こいてファミコンなんかやってんじゃねーよ!」
とはいうものの実家では夜はすることもなくぶらぶら。こちとら暇なので姉弟の部屋でファミコンと格闘しているのを見物してた。
ずっと見ていると段々要領を覚えてきた。
俺様「おっと、ここはホイミだろ。ラリホーよりホイミだろ。」
姉弟「うるせー、黙ってみてろ。」
おだてて、すかしてHPがゼロになったらプレイを交替というルールを作った。
結婚する間際の最後の正月はこうやって過ごした。

勇者が何度もがいこつにたおされた。 おかげで俺様にもゲームの権利が回ってきた。
がいこつ



つづく

2020年の挑戦 3

もうご存知の方も多いかと思いますが西武そごうさんの広告です。

sog1.jpg

sog2.jpg




年初早々だいぶ踊りから横道にそれてしまいました。
でもこれ、すごい良くできてる。
こういう発想やアイデアが出る人はすごいと思う。
令和時代に相応しい広告ですね。

広告と言えばちょうど30年前、印象に残る広告が出ていました。
これも記憶に残っている人も多いかと思います。

118_01.jpg
118_01.jpg


逆説的で脳裏に焼き付く広告でした。
平成2年4月1日の読売新聞に1面使って掲載されました。
字が小さいので原寸とサムネイルの両方アップします。
どうぞ隅々までご堪能ください。
としまえん遊園地の広告でした。

前者の広告はスマートですね。
モデルは幕内最小の力士 炎鵬さんです。
頑張れ!
スリッパはいたまま土俵に立つなよ!
photo06.jpg

令和2年、2020年の新たな挑戦です。

2020年の挑戦 2

maxresdefault_20200105002419d70.jpg


いきなり何だあ?


はい、脅かすつもりで挿し入れました。
小学生の頃日曜日は武田薬品提供のウルトラQに釘付け。
毎回欠かさず見ていました。
その中の一つ掲題タイトルのドラマがトラウマ。
この姿があまりにも想像を絶した宇宙人なので怖くて1人でトイレに行けませんでした。
czMjYXJ0aWNsZSMyNTU4NyMyMDk2ODUjMjU1ODdfV1N0eG9CbHhuVy5qcGc.jpg
このシーンはあまりにも有名で笑い声と走る姿が目と耳に焼き付いてしまいました。


いまは大人なので怖いとは思いませんがあの走り方やデフォルメされた顔、不気味な笑い声は随分完成されたものだとおもいます。怖さが倍増します。


b5d832e258c11be4a58aaeb9e087754b4a964fc3.jpg
一昔前の映画「リング」の貞子より怖い。


wpid-kemuru_bust.jpg
でも今見るとカッコイイ。
ちなみにこのケムール人の中に入っている人はその後ウルトラマンになっています。
だから俺様はケムール人をウルトラウマンになっています。
(ちょっと苦しいおやじギャグでした・・・)


顔洗って出直して来ます。
あはは。
FC2カウンター
プロフィール

ポントゾー命

Author:ポントゾー命
太ってきた。Yaffoさんに誘われて四半世紀ぶりに踊り始めて早2年。最初はハンボで目を回し、ショプスコ・ホロ1曲踊っただけで顎が出る始末。挫けず踊り続けてパーティーデビュー。でも踊りから遠ざかっていたので知らない曲が多すぎる。そんな矢先に蒲田フォークダンスサークルに拾われた。新曲や昔ながらの踊りを教わり少しは勘を取り戻してきた。楽しみながらのダイエット。このブログは管理人が体重の管理や折々の例会、パーティなどの活動を日記代わりに紹介し、記録するためのものです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR