FC2ブログ

ファミコン 8 (大団円)

つづき

そして現在、俺様はもう流石にゲームはしませんがYOU TUBEを検索していたらファイナルファンタジーVのサウンドトラックが。
聴いていて懐かしくなり回想していました。
今思い返すとこういう人生だったんだ。

hqdefault.jpg
Final Fantasy V Complete Soundtrack
パイドゥシュコ(5拍子)の曲やハイランド、ケルト、ウェールズのようなメロディーを聞くことができますよ。


自分の性格。のめり込むと熱中を通り越して没頭する性格のようだ。残された人生、気をつけなくちゃ。
うまく利用すれば司法試験は無理としても気象予報士位なら受かるかもしれない。
実際ボケの兆候が出始めの53歳のときゲーム感覚で甲種危険物の過去の試験問題を1か月で3回繰り返しクリアしたら運よく合格した。
さすがに問題集を3回繰り返すと問題と答えをある程度覚えてしまう。
これは踊りでも生かせそうだ。


おしまい
スポンサーサイト



ファミコン 7

だいぶ間が空いてしまいましたがつづき

帰国してからは倅が小学生になりポケモンなどに熱中しているものの俺様のような人生の轍を踏ませたくなかったので目に触れないように心がけていたが友達同士の話に入れず仲間外れになっていた。
しようがないからニンテンドー64とスーパーマリオ64を誕生日兼クリスマスプレゼントに。
泣いて落ち込んでいたので可哀想に思い、ゲームを買ってあげたのたがこれは大失敗
はじめはマリオがクッパにやられてしまって泣き出したりして可愛かったのたが
余程悔しかったのだろう。明けても暮れてもゲームに浸っているのでみるみる上達してスター120こゲットするまでに。(ふつうは119こ迄しかゲットできない)
高じて半径5キロ以内にスマッシュブラザースで勝てる奴は弟しかいなくなってしまった。没頭しすぎで、もしこれくらい勉強してくれたら司法試験も受かるに違いない。
いまや社会人になってもとどまることを知らず。
流石俺様の息子。恐るべし!

そのファイナルファンタジーVで怖かったのはこれ。
yjimageH9943R49.jpg
間違い。!トゥーンベリさんじゃなくて

morimoto_382641.jpg
これはドンペリ

ca2d59713c140570cf69c45f11d62b2c.jpg
これこれ。
トンベリ。
どんなに攻撃してもにじり寄って来てこの包丁で壊滅させられる。
これもトラウマ。


つづく

ファミコン 6

つづき

ファイナルファンタジーIV,V,VIをあっという間にクリア。
いまでもファイナルファンタジーVのスタートでの音楽を聴くと台湾駐在時代を思い出す。
そのままドラクエV,VIに取りかかった。
ドラクエVはクリアしたがドラクエVIの「絶望の町」に辿り着いたところで本社から帰任の命令。
チクショー  クリアできずに帰国。 
もっと台湾にいたかった。

誰からも文句を言われず心行くまで楽しんだ。
しあわせな時期だった。


もうちょっとつづきます。

ファミコン 5

つづき

40歳を前にして台湾に単身赴任。 このころはもうまったく踊っていない。
当初未だ生活になれていないので仕事が終わって夜はすることがない。
そこでローカル社員が気を利かせてなんとスーパーファミコンを貸してくれた。
もう、俺様を止める奴は誰もいない。


まだまだつづく

ファミコン 4

つづき

考えてみればこの姉弟というのが曲者だ。
酒、たばこ、麻雀、パチンコ、ディスコと誘惑の世界に引き込んだ。
今はもうないがすすきのの入り口にあったわたなべビルの「パフ」というライブハウスと1ブロック離れたアルトビルという所に「ホンキートンク」という北大の学生が組んでるバンドがいる飲み屋を紹介され、出入りするようになった。
また狸小路5丁目、6丁目にはロック喫茶やジャズ喫茶があることも教えてくれた。
この姉弟というのは英語がペラペラなので受験の時にいろいろ教えてくれた。でも大の苦手で俺様のできの悪い頭では理解できなかった。
英語がもっとできていればもっと違う人生になっていたと思う。
それから24年後に教わったのはファミコンだった。

CIMG8181.jpg
すすきのの入り口。知らずにここに入ったら生きて帰ってくることはできない。いや九竜城のように迷路になっているのではなく誘惑に塗れて意志の弱い俺様なんかは身ぐるみ剥がされてしまう。

つづく
FC2カウンター
プロフィール

ポントゾー命

Author:ポントゾー命
太ってきた。Yaffoさんに誘われて四半世紀ぶりに踊り始めて早2年。最初はハンボで目を回し、ショプスコ・ホロ1曲踊っただけで顎が出る始末。挫けず踊り続けてパーティーデビュー。でも踊りから遠ざかっていたので知らない曲が多すぎる。そんな矢先に蒲田フォークダンスサークルに拾われた。新曲や昔ながらの踊りを教わり少しは勘を取り戻してきた。楽しみながらのダイエット。このブログは管理人が体重の管理や折々の例会、パーティなどの活動を日記代わりに紹介し、記録するためのものです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR