FC2ブログ

大切なお知らせ再び

何度も連絡すみません。

2020年4月の結例会(旧いちかめ会)も中止になりました。

今度こそと楽しみにしていただけに大変残念です。
もしこのブログを読んで結に関わる人でこのことを知らなそうなお友達や大切な人がいたら伝えてあげてください。
5月再開に期待しましょう。
本格的にベルコブスコホロを忘れてしまいそうなので何度も音楽を聴いて復習しましょう。
スポンサーサイト



2020.03.26 蒲田フォークダンスサークル例会 #583

足慣らし
802 ミルコボ コロ (Serbia)
803 ホラ メドゥーラ (Israel)

Part 1
804 シール ロイム (Israel)
805 ネバー オン サンデー (Greece)
806 ルム二エスコ コロ (Serbia)
807 ダネツ イ ルカ (Bulgaria)
808 娘さん踊りましょう (Sweden)
809 フラーン (Czech)
Freetime
810 セルビアンメドレー #2 (Serbia)
811 シェヤヴォ (Israel)
812 エル ハラベ パテーニョ (Mexico)

Part 2
813 チャチャック (Serbia)
814 スキップ ツー マイ ルー (America)
815 ビィズルカ (Frandle)
Freetime
816 デブカ ドール (Israel)
817 ビィズルカ (Frandle)
818 イワン ダ マリア (Russia)

Part 3
819 チャチャック (Serbia)
820 レディス ツー ザ センター (America)
821 スタロダブニィ チェシノク (Czech)
822 フラーン (Czech)
823 アトリップ ツー ババリア (Scottish)
824 オスロー ワルツ (England)

こういう状況もあって会員4名お休み。
致し方ない。
こういう状況もあってゲストさん7名参加。
ご近所さん2名、埼玉から2名内1名は群馬寄り、親子で2名、横浜から1名。
す、すげぇ!
いつになく賑やかな例会になりました。
びっくりポンでした。


6,961歩

横文字の曲名

近頃ニュースを見ていると聞きなれない外来語が頻繁に出てきます。

ロックダウン、オーバーシュート、パンデミック、クラスター・・・

辞書で調べてもブドウの房とかしか出てこないし、ロックダウンとロックアウトどうちがうんだぁ?


勤務先の社長は我々技術部門の社員に日頃からこういっていました。(ちょっと差別用語が含まれます)

本当に伝えたいなら女子供にでもわかるような言葉で伝えるべきだ。

やたら専門用語や横文字を使うのは自分が内容を理解できてなくてそれをごまかすための常套手段。
勤めていた会社は小さな同族会社だったのである日社長のご子息が入社。
俺様より一回り以上若い。
ところが1年も経たぬうちに常務取締役。多分本人もつらかったと思いますが未知の新しい世界に入って自分よりも専門家が多く、年上の社員の中で対等に或いはリーダーシップを取らなければならないのであたかも知っているかのように専門用語というより英語をやたら連発して説明していました。そのため俺様のような英語のできない年配の社員は何を言ってるのか理解ができずそこをご子息が付け入り優位に立つことができました。
ただし、その場だけ。
ところが背伸びをし過ぎていたので段々浮き上がってしまい、父上である社長と喧嘩になる始末。また自分の言うことを聞かない社員はどんどん粛清されていきました。
社長はこれではいかんということで残念ながら苦渋の決断でご子息を解任してしまいました。
会社を去ったご子息はその後会社を立ち上げたようですがホームページを見ると相変わらず難解な内容です。
一部採用情報をお見せします。

20300324.jpg


半分以上カタカナか英語。
仕事内容の説明かと思いますが、俺様のような爺ぃには何のことかさっぱりわかりません。

会議の時気づいたのですがそういう背伸びする奴に限ってシミュレーションをシュミレーションとか言ったりします。クスッ

さて前置きがすごく長くなりましたが、フォークダンス界も最近横文字が増えてきました。というより適切な翻訳をする人がいないようです。たまに「羊飼いのマズルカ」など粋なタイトルもありますが。
台湾ではちゃんと翻訳しているのに・・・
例えばアダマベシャマイムは「天與地」フロリチカオルテニアスカは「歐答尼亞之旅 」ネオポリタンタランティラは「拿波里手鼓舞 」というふうに曲解せず自国語の題を付けています。
曲名の意味が分かれば踊りに対する姿勢も変わってくると思いますが・・・

2020.03.21 第47回とあ~る例会

783 Kuma Echa クマッハ (Israel)
784 Jovano Jovanke ヨバノ ヨバンケ (Macedonia)
785 Oy Yossel Yossel オイ ヨセル ヨセル (Israel)
786 Syrtos (Opa Ni Na Ni Na Nai) シルトス (Greece)
787 Denjovo Horo デンヨボ ホロ (Bulgaria)
788 Nabrala Je Jagode ナブララ イェ ヤゴデ (Croatia)
789 Kopčet #2 コプチェト #2 (Bulgaria)
790 Garsona ガルソナ (Greece)
791 Brâu De Petrecere Din Caransebeş ブルー デ ペトレチェレ ディン カランセベシュ (Romania)
792 Lamba Lamba ランバ ランバ (Bulgaria)
793 Ze Hazman Hanachon. ゼ ハズマン ハナホン (Israel)
X Kujawiak Czerwone Jabluszko (Richard Schmidt)'18 クヤヴィアク チェルヴォネ ヤブシコ (Richard Schmidt)'18 (Poland)
Military Waltz ミリタリー ワルツ (Poland)
794 Zemplínsky Čardáš #2 ゼンプリンスキー チャルダッシュ #2 (Slovakia)
795 Kamarinskaya カマリンスカヤ (Russia)
Ahava Pshuta アハバ プシュタ (Israel)
796 Fascination Tango タンゴ ファシネーション (America)
797 Rhumba Rehan ルンバ リハン (RD)
798 Louisiana Saturday Night ルイジアナ サタディナイト (RD)
799 Irishman's Tango タンゴ アイリッシュマン (England)
800 Brâu De Petrecere Din Caransebeş ブルー デ ペトレチェレ ディン カランセベシュ (Romania)
801 Open Wings オープン ウイングス (America)

今回はコール曲が多いように感じますが実際にはステップや順番の確認、パーティーでの違う踊り方などの紹介でした。
講習は濃い紫色のゼハズマンハナホンとタンゴアイリッシュマンです。
そのためみんな余裕あるリラックスした姿勢で説明を聞いていました。
打ち上げではおとなしくビール3杯でしたが、その後2軒目に行きみんなの真似をしてホッピーを3杯、緑茶ハイを2杯飲んでアルコール消毒をし、元気を取り戻すはずでしたが翌日エンジンのかかりが良くないようでした。
こういうのを世間では「飲み過ぎ」といいます。



8,444歩

蒲田フォークダンスサークル例会 #582

足慣らし
761 ヤイン アダムダム (Israel)

Part 1
762 ホラ ミレセイ シ グレウル ディン グルイア (Romania)
763 ランピ ランピ (Greece)
764 アリパシャ (Turkey)
765 ドゥシマニ ツイガニロル (Romania)
766 娘さん踊りましょう (Sweden)
767 ラウラ イ フィロン (Poland)
Freetime
768 デブカ ドール (Israel)
769 ブラシュコ (ヌーシャ) (Bulgaria)
770 ソウセツカ (Czech)

Part 2
771 チャチャック (Serbia)
772 スキップ ツー マイ ルー (America)
773 ヴルヴレフスキーのクヤヴィアク '98 #1 (Poland)
Freetime
774 ハハイム ハアヘリム (Israel)
775 愛の花咲く時 (RD)
776 ムーンリバー (RD)

Part 3
777 ミリッセ モウ (Israel)
778 レディス ツー ザ センター (America)
779 ヴルヴレフスキーのクヤヴィアク '98 #1 (Poland)
780 さよならの夏 (RD)
781 ヴァルス アグール ハザハヴ (Israel)
782 スタイン ハウゲン ベインハウゲン (Norway)

今回もゲストさんが2名。
ご近所さんとはるばる埼玉から来てくれました。
例会がお休みのところが多く、禁断症状が出てくる人は蒲田FDCはオアシスです。
ゆっくり楽しんでください。
ここのところ毎回ゲストさんが登場し、「今回は誰かなあ?」とびっくり箱を開けるときのように例会を楽しみにしています。

2020年3月22日 池上会館で開催予定の「蒲田フォークダンスサークル創立12周年記念パーティー」は残念ですが延期致します。



5,462歩
FC2カウンター
プロフィール

ポントゾー命

Author:ポントゾー命
太ってきた。Yaffoさんに誘われて四半世紀ぶりに踊り始めて早2年。最初はハンボで目を回し、ショプスコ・ホロ1曲踊っただけで顎が出る始末。挫けず踊り続けてパーティーデビュー。でも踊りから遠ざかっていたので知らない曲が多すぎる。そんな矢先に蒲田フォークダンスサークルに拾われた。新曲や昔ながらの踊りを教わり少しは勘を取り戻してきた。楽しみながらのダイエット。このブログは管理人が体重の管理や折々の例会、パーティなどの活動を日記代わりに紹介し、記録するためのものです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR